diary

チャレンジ日記

「ウォーキングサッカー体験会」に参加させて頂きました(12/27)

スフィーダ世田谷主催の「ウォーキングサッカーと障がい者スポーツ(ロービジョン•フットサル体験•交流会」が12/27に18:30より区立希望ヶ丘地域体育館で行われ、念願叶って漸く参加することができました。

歩きながらサッカー?そうなんです。結構良い運動になり楽しかったです^_^
アイマスクを着けて、ロープを持って輪になる。
中心のガイドの言葉に従い円を崩さないように移動!
アイマスクを着けて、声を掛けて誕生日順に並ぶ

この取り組みは、女子サッカーチームのスフィーダ世田谷が行う地域活動のひとつとして、2019年よりウォーキング•サッカー体験会を開催され2019年10月より、世田谷区と世田谷区スポーツ振興財団の後援で区立希望ヶ丘地域体育館で定期的な開催を続けられてきたものです。

主催者の方からお誘い頂きながら、なかなか日程が合わず、更にコロナ禍が重なり益々参加するタイミングを逸していました。

しかし、いよいよ来年は年女でもあり、年末から新しいことにチャレンジしようと奮起(^^)

トレーニングウェアとシューズを持参し、地域体育館へ!

ウォーキングサッカーもブラインドサッカーも初めてのチャレンジ。特にブラインドサッカーの体験会では、アイマスクをして移動することの難しさを実感。更に、的確な声かけが如何に大切かをスポーツを通じて学習することができました。

外は、かなり冷え込んでいましたが、体験•交流会では、気持ちよく汗もかき、年末ギリギリで良い運動の機会となりました。

また、素敵な出会いも沢山できました(^^)

関係者の皆さま大変お世話になりました!

次回までルールをしっかり復習して臨みたいと思います!

新型コロナウイルス感染症関連情報

Facebook

Twitter