diary

チャレンジ日記

感動をありがとう!東京音頭におもてなしの心(^^)(8/9)

第32回夏季五輪東京大会は8日閉幕しました。感動と感激、感謝の17日間でした。

全世界からこの東京2020五輪に205か国•地域と難民選手団から1万1千人の選手参加され、史上最多の33競技339種目、熱戦を繰り広げ、全てのアスリート皆様、感動と勇気をありがとうございました。

日本は、メダル最多の58個!

素晴らしい結果でした。重ねておめでとうございます。

また、コロナ禍と猛暑の中、大会運営を支えてくださった関係者の皆様、全てのボランティアの皆様、大変お世話になりました。

感動の場面を語り尽くすことはできませんが、昨晩の閉会式の場面で、のぶ子が感激したシーンをお伝えします(^^)

閉会式の終盤で、日本に古くから伝わる各地の民謡がスクリーンで映し出された後、場内が明るくなり、東京音頭の曲が流れ始めました。

思わず「やった!」とのぶ子。

テレビ画面をじっーと観ていると

そのメインステージ上で、東京音頭を中心的に踊られている方に見覚えが。。。

なんと毎年、地元の盆踊り大会に踊りを教えに来てくださる鳳蝶流の先生でした!

夏の風物詩•盆踊りが、東京音頭の曲と共に、閉会式で披露され、浴衣姿の民踊の会の皆さまとアスリートの皆さんが一緒に踊る姿に感動!のぶ子も思わず自宅のTVの前で踊って╰(*´︶`*)╯♡いました!

実は、のぶ子が住んでいる地域は、東京オリンピック馬術競技大会が開催されたJRA馬事公苑の周辺5駅(小田急線千歳船橋駅、経堂駅、東急世田谷線上町駅、東急田園都市線桜新町駅、用賀駅)からのラストマイルの5ルート区間内なんです。

そこで、東京2020オリンピック•パラリンピックを通じて、来訪される海外のお客様に日本の文化を体験して頂く、盆踊り大会を地域の方々と開催しおもてなしをすることを数年前から企画していました。

しかし、残念ながら、新型コロナ感染症の影響で無観客となり、区内で沢山の方々が集まる盆踊り大会も昨年から引き続き中止となっていたので、閉会式の大舞台で東京音頭の曲げ流れ、そこに集われたアスリートの皆さんをはじめ、メディアを通じて世界中の方々に日本の文化の一端を紹介し、おもてなしの心を発信できたことに、大変感激しています。関係者の皆様、大変ありがとうございました。

新型コロナウイルス感染症関連情報

Facebook

Twitter