diary

チャレンジ日記

世田谷区の新型コロナワクチン予約の仕組みは高齢者に寄り添う改善が必要②(5/6)

おはようございます。

75歳以上高齢者(対象:区約11万人)の電話予約の混雑は、まだ改善されておりません。(申し訳ありません)

世田谷区のワクチン接種の予約受付の状況の推移ですが、4/28の受付開始から3日間は一日約11000-15000で進んできましたが。。。

5/1以降、予約の推移が、鈍化して来ています。
5/1. 43000人
5/2.47000人
5/3.50000人
5/4.53000人            5/5.56000人

恐らくネット予約のサポートをご家族などから受けられる高齢者がほぼ落ちつき、電話予約に絞られてきているのでしょう。
予約の内訳の報告が、初日のみネットと電話に分けてあり、その後は報告が一本化され区のホームページにアップされているだけなので、判然としませんが。。。


4/28 11000人中(ネット9000人。電話2000人)だったことから、のぶ子が推測すると、一日あたりの電話予約受付は、2000人〜3000人は、区のワクチンコール(70回線)のキャパから言って、余り変わっていないのでは?
常に電話は、繋がり難い状況が続いていることは、容易に想像できます。

本日、GWが明けて、今後65歳以上に接種券が届くと、未だに電話予約待ちをされている75歳以上の約50000人の高齢者が置き去りになることが想定されます。(もちろん全ての高齢者の方々が予約を希望されない方もおられると思いますが。)

のぶ子は、
今こそ、しっかり区の福祉の窓口(まちづくセンター&あんしんすこやかセンター&地区社協)の窓口で、75歳以上高齢者で予約できていない方々を丁寧にフォローする体制を早急に整える必要があると考えます。


昨日(5/5)に、4/29にファックスでの予約をした美容室の先生(80代)より、1週間経っても予約の結果の回答が無いと伺い、美容室を訪ねて調べたところ、全て(第1希望から第3希望)を美容室の定休日の火曜日を接種希望日として選び、記載されていましたが、ネットの専用サイトから希望の会場の予約空き状況を調べてみると、元々ご希望の会場は、月曜日と火曜日は開設していなかったことが判明!

そこで、持参していたタブレット端末で、他の会場で火曜日に開設しているところを検索し、ご本人のご了解のもと、6月中に1回目、7月中に2回目の予約を代理予約することができました。(もちろん、前回送信したファックスのキャンセルの送信もサポート致しました)

このままのペースだと電話予約が取れないことで、炎天下の8月までズレ込む75歳以上の高齢者が続出しかねません。世田谷区には、自治体としての責務を果たす様、連休明けの本日も、更に強くその実態を伝え、公明党区議団として、しっかり確認いたします。

ここまで長々と読んで頂きありがとうございました。

もし、お近くに接種の予約が取れていない高齢者の方が、いらっしゃいましたら、是非サポートをお願いいたします。

高齢者に優しいまちづくりに全力で働いて参ります!

新型コロナウイルス感染症関連情報

Facebook

Twitter