diary

チャレンジ日記

SDGs&食品ロス削減&食の支援ネットワークの仕組み作り(1/7)

本日(2021/1/7)10:30より、参議院会館の竹谷とし子事務所を全国食支援活動協力会の平野覚治専務理事とスタッフの方々が来訪され農水省、消費者庁の職員の方々との協議の場にのぶ子も同席させて頂きました。

行政だけでは手が届かない人々に、全国食支援活動協力会の皆様が、企業などの寄付協力を得て、フードバンクや子ども食堂、多世代食堂など地域に根ざした食支援ネットワークの構築に向けて取り組まれており、竹谷とし子参議院議員(公明党食品ロス削減推進PT座長)は、その活動の様子を真摯に聴いてくださり、年末の協議に引き続き、具体的に関係省庁の方々と情報共有を図ってくださいました。

コロナ禍で食の支援を必要としている方々が沢山おられます。なかなか声をあげにくい方々に対し、地域に根ざした細やかな取り組みが求められています。

引き続き食の支援がスピーディーに行き渡る仕組みの構築に国と地方議会が連携する公明党のネットワーク力を活かして全力で取り組んで参ります!

尚、竹谷事務所も新型コロナウイルス感染症対策として、アクリル板でテーブルを仕切り、密にならないようソーシャルディスタンスを保って着席した中で協議をさせて頂きました。

コロナの感染爆発が一都三県で起きていることから、本日(1/7)夕刻に緊急事態宣言が発出されました。

一日も早くコロナ禍が終息するよう願いつつ、区民生活を下支えする区政に取り組んでまいります。

ここまで長々と読んで頂きありがとうございました^_^

新型コロナウイルス感染症関連情報

Facebook

Twitter