diary

チャレンジ日記

令和元年「憲法記念日」アピール

本日5月3日、新元号「令和」の下で初めてとなる憲法記念日を迎えました。

のぶ子は、公明党世田谷区議団の女性議員3名で、10:00より烏山区民センター前、11:00より小田急線千歳船橋駅頭、12:45より東急田園都市線二子玉川駅頭で記念の街頭演説をさせて頂きました。

14:00からは、公明党世田谷総支部(栗林のり子総支部長)として、東急田園都市線三軒茶屋駅頭にて記念のアピールをさせて頂きました。

公明党「憲法記念日アピール」より抜粋

公明党は施行72年となる日本国憲法を、戦後日本に民主主義を定着させ、平和国家として世界からの信頼を広げ、国際社会に貢献できる基盤をつくった優れた憲法として高く評価しています。とりわけ、国民主権主義、基本的人権の尊重、恒久平和主義の3原理は、「人類普遍の原理」というべきものであり、将来とも変えるべきではありません。ただ憲法も法規範である以上、新しい時代に対応した改正があってしかるべきと考えます。憲法施行時には想定できなかった新しい価値観や、憲法改正でしか解決できない課題が明らかになれば、公明党は、現行憲法を維持した上で、必要な規定を付け加える「加憲」で臨む考えです。公明党は令和の時代も3原理を現実の政策論議の中でさらに深化させていく決意です。

Facebook

Twitter