diary

チャレンジ日記

4期目も地道に区政の改善に取り組みます!

4月21日(日)に投開票が行われた世田谷区議会議員選挙におきまして、岡本のぶ子は、4610票という重い付託を頂き、4期目の当選を果たさせて頂きました。

ご支援くださった皆様より、岡本のぶ子が3期12年間に亘り地道に取り組んできた区政の改善への評価と、これからの4期目4年間も引き続き区民の皆様に寄り添う政治の実現への期待の声を託して下さったものと深く自覚し、「小さな声を聴く姿勢」を貫き、誠実に区政の改善に取り組んでまいります。

日本は、あと6年で全ての団塊の世代の方々が75歳以上になられます。そして、あと20年で65歳以上の人口がピークを迎えます。世界のどの国も経験したことの無い少子高齢化社会を如何に希望ある社会に繋げていくことができるか、区政、都政、国政の公明党のネットワーク力が果たす役割が益々大きくなると感じています。

平成31年4月22日
当選証書を頂き身の引き締まる思いで一杯です

岡本のぶ子は、公明党世田谷区議団9名の一員として、これから20年後の本格的な少子高齢化社会に備えて、赤ちゃんからお年寄りまで、障害、国籍、あらゆる差異を超えて誰もがもっともっと「住み続けたい街•世田谷」を構築する為に全力で働いて参ります!


Facebook

Twitter