世田谷区民相談サイト もっともっとサロン

もっともっとサロンとは

あなたにとって住み続けたい街・世田谷を作るために、気軽に区民相談ができる場が欲しいという声を形にしたのが岡本のぶ子のもっともっとサロンです。あなたの相談から”住み続けたい世田谷区”が実現します。

相談や提案の流れ

相談フォームより、相談の情報を送信します。

受付完了のメールを返信します。5分たっても受付完了メールが来ない場合は、お問い合わせください。

岡本のぶ子からご指定の時間帯に相談内容の確認のお電話をします。

相談フォーム

※迷惑メール対策の設定をしている場合は、「 nobuko-okamoto.com」 からのメールを受信できるよう、設定をしてから入力内容確認ボタンを押してください。

事例紹介

相談事例1

相談

ふれあい子育て事業があるが、なかなかボランティアさんのタイミングがあわず使えない。残業で保育園のお迎え時間に間に合わない時など、困っている。(区民相談)

対応

・平成24年第3回定例会一般質問
保育園や小学校の学童クラブへ子どもの送迎に安心して子どもを預かってもらえる国のファミリー・サポート・センター事業を実施し、子育てと仕事の両立で悩む保護者の不安解消と、子どもの安全を守る地域資源を活用し、子育て世代をしっかり支えていくことを求めてきました。

・答弁
この ファミリーサポートセンター事業につきましては、今後、次期子ども計画の策定に向けて、一時預かり事業のあり方や具体的な実施方法等を検討していく中で整理させていただきたい思います。

結果

・ファミリー・サポートセンター事業が実現しました!(平成27年7月)
朝7時~夜9時まで、赤ちゃんから小学校6年生までの預かりが拡充されました。国の事業を導入したことで、コーディネータが、サービスの必要なお母さんにサービスをつなぐサポートいでくれるようになりました。

相談事例2

相談

子供が、高校卒業と同時に引きこもりになり、親とも食事を一緒にとらず顔もほとんどあわせないまま、20年近く経ってしまった。親も年金暮らしとなり、今後の子供の行く末が心配。(区民相談)

対応

・平成24年第3回定例会一般質問
若者のひきこもり対策を今後区の重要項目に位置づけ、東京都のひきこもり等の若者支援プログラムを活用し、NPOと協働してひきこもり等の総合相談・支援体制を早期に構築すべきと求め続けて来ました。

・答弁
ひきこもりの課題につきましては庁内横の連携が非常に重要と考えておりまして、必要な支援がどのようなものなのか、どのような体制で行うことにするのかを鋭意検討してまいります

結果

・若者ひきこもり総合相談窓口・メルクマールせたがやが実現しました!平成26年9月

事例をもっと見る

トップへ戻る

Copyright (c) Nobuko Okamoto. All Rights Reserved.