チャレンジ日記

議員力UPへ 8月後半の視察研修をまとめてご報告します!

のぶ子は、8月12日、13日に世田谷区と縁組協定を結んでいる群馬県川場村を訪問し交流事業を視察させて頂きました。前回の訪問は6年前に、ほんの2時間ほどの滞在でしたが、今回は、初めて区民健康村に宿泊し、川場村と世田谷区の縁組協定から36年間の交流事業がどのように発展してきたのかを川場村の副村長さんや地域住民の方々、そして、世田谷川場ふるさと公社の方々との意見交換を通じて学ばせて頂くことができました。
「世田谷区民のみなさんにふるさとに帰って来たと思われるような区民健康村を作ろう」と、川場村の皆さんがこの36年間交流事業を進めてきてくださったことを、川場村を一望できる裏山に上り、思いがけず森林浴ができ、里山の風景を拝見しながら、川場村の自然を体感できたひと時は、東京生まれ世田谷育ち!のぶ子にとって、大変心潤う時間となりました!今後もこの交流事業が発展するよう取り組んで行きたいと思います。

続いて8月16日は、神奈川県横須賀市役所へ。エンディングプランサポート事業を視察させていただきました。
全国で65歳以上の単身高齢者が増え続ける中、引き取り手のない遺骨が増加している課題に対し、真正面から取り組む担当者の熱い思いを伺わせて頂きました。のぶ子が区民相談をお受けする中にも、単身高齢者の方々のご相談が多くあり、今後の地域包括ケアシステムの構築の中で、どのような対策を作れるかが課題であることを痛感した視察研修となりました。


8月最後の視察は、千葉県柏市農産物直売所かしわで&農家レストランさんち家に伺わせていただきました。
住宅地に隣接する柏市の小規模農家の皆さんが、産地と消費地を活かした攻めの農業に取り組み、農家のお母さんたちがシェフとなって50種類以上の野菜中心のお美味しいお料理を直売所の横のレストランで食べることができ、大変たくさんの方々でにぎわっていました。のぶ子もランチを頂きましたが、また行きたくなるほど美味しいレストランでした!

8月28日~30日は、各種団体の皆様との政策懇談会を会派で開催し平成30年度に向けた予算要望をお伺いしました。
いよいよ9月の第3回区議会定例会に向けて、夏の視察研修を活かした区民の皆様に寄り添う政策提案を粘り強く進め、区政の改善に努めて参ります!
ここまで、長々と読んでいただきましてありがとうございました。