チャレンジ日記

議員力UP!8月3日区内5施設を訪問させて頂きました!

のぶ子は、8月3日区内5施設を視察し職員の方々と意見交換をさせて頂きました。


まず、最初の視察先は、男女共同参画の拠点である「らぷらす」が下北沢から三軒茶屋の王寿ビル3~5階に移転し、初めての訪問となりました。思っていた以上に談話スペースや、キッズスペースが充実していて、各種セミナーを開催する会議室や、プライバシーが守られる相談室もしっかり設置されていました。ただ、気になったのが相談ブースの利用は、ほとんどが電話での相談対応とのこと。もっと有効な相談室の活用があるのではという印象が残りました。
次に、らぶらすの上階の6階に移転した生活困窮者自立支援センター「ぷらっとホーム世田谷」は、これまでの事務所の狭隘化が課題でしたが、以前よりスペースが確保でき相談ブースも10カ所設置が可能に。相談支援の拡充に繋がっているとのことでした。

次は、下北沢に成城学園から移転した成年後見支援センターへ。10年前に全国初で世田谷区が取り組んできた区民後見人の育成が、漸く国の取り組みとして大きく前進することとなり、全国からの視察が多くなってきているとのこと。特に公明党の地方議員の関心の高さが窺えるとの嬉しい言葉。人生の締めくくりをいかにサポートできるかが今後の課題です。
午後からは、食品ロスの取り組みとして、のぶ子が提案し区内2箇所のリサイクル施設で本年4月にスタートしたフードドライブの常設窓口を視察。今は、試行ですが、今後は、常設窓口での受付量を勘案して、もっと区民の身近な場所に常設窓口を拡充することの必要性と意識啓発の重要性を痛感。しっかり取り組みます!

8月区内視察初日のご報告は以上です。
長々とお付き合い頂きまして、ありがとうとざいました!