チャレンジ日記

講演会「食品ロスの現状と削減のためにできること」

shoku5
のぶ子は、公明党東京都本部女性局の夏季議員研修会(8/30)で、「食品ロスの現状と削減のためにできること」について消費生活アドバイザーの井出留美さんの講演を受講させていただきました。
shoku3
井出さんからは、食品ロスが世界でどのくらいあると思いますか?(答え:食料生産量に対して3分の1)食品ロスは日本ではどのくらいあると思いますか?(答え:約632万トン。実はこの量、魚の消費量とほぼ同じ)日本では1人1日食品ロスの発生量が何グラム?(答え:約136グラム。おにぎり1~2個分)などなど。クイズを交えながら大変、解り易くご講演頂きました。
この食べられるのに捨てられる食品ロス。事業者から発生する食品ロスと、家庭から発生する食品ロスはほぼ同量なんですよ。その双方が発生を抑制することから、始めることが大切であることをしっかし学ばせて頂きました。今後、具体的に世田谷区として取り組めることを提案していきたいと思います。
この講演に先立ち、竹谷とし子参議院議員より食品ロス削減を公約に2期目をスタート。食品ロスに関係する省庁は、消費者庁、農水省、環境省、文部科学省、経済産業省、厚生労働省など多数あり、法律を作るのは根気がいるとのこと。消費者基本計画工程表を作成し、しっかり目標設置を進めながら取り組んでいきます!との報告を頂きました。また、フードドライブ(家庭で未利用の食品を集めて困窮している人に配ること)に関する所管は、国には無いので地方と連携しながら取り組むことが大事であることなどもお知らせ頂きました。
shoku6
この研修には、東京都の公明党の女性議員が参加。終了後には、栗林のり子都議会議員と、渋谷区の2名の区議会議員と一緒に記念にパシャ(^^♪shoku1