チャレンジ日記

「世田谷区のこれから」党支部勉強会(2014.2.12)

のぶ子は
古屋範子衆議院議員(公明党女性委員会委員長)
にお越しいただき党支部の勉強会を開催しました。

栗林のり子都議会議員も駆けつけてくださり
昨年の都議選の際、皆様にお約束をした
こと中のひとつである「婚活支援」が
東京都で、実施されることになったとの
報告がありました。

また、仕事のかたわら、地域活動に
地道に参加されてきた大和田務さんより
地域が抱える課題に、どう向き合い、
地域住民の一員としてどう関われるか?
という視点で、
丁寧な話し合いや、
飲み二ケーションを重ねながら
10数年間継続して活動に参加している
大和田さんの報告に、参加者の中から
感動の拍手が沸き起こりました。

のぶ子からは、
①公明党世田谷区議団として区長へ提出した予算要望について
②世田谷区が発表したこれから20年後の区の基本構想について
3高齢者のよろず相談所の「あんしんすこやかセンター」について
等々をお伝えしたのと
今年1年間の、のぶ子の活動の取り組みなどを
お伝えさせていただきました。

古屋範子衆議院議員からは、
今、公明党として
「地域包括ケアシステムの推進本部」を
立ち上げ、全国3000名の地方議員との
ネットワークで、各自治体ごとに
地域包括ケアシステム構築に向けた
課題を掘り下げ、
どうすれば、各自治体にあった
地域包括ケアシステムが構築できるかを
智慧を出し合って、推進していきたい。
また、公明党として
政府の補正予算で勝ち取った
内容に関して、丁寧に説明をしていただきました。

参加された方々からは、
区政、都政、国政と
公明党の議員が、一生懸命持ち味を
活かして、働いている様子が
良くわかった。
このような、勉強会は定期的に
やってもらいたいとの
コメントをいただきました。

これからも、区民のみなさんの
関心の高い事柄を取り上げながら
勉強会を積み重ねて
行きたいと思います。

大変、寒い中、ご参加いただきましたことに
感謝の思いで一杯の、
党支部勉強会となりました。