チャレンジ日記

足元の自治を考え、日本を底上げ!

足元の自治を考え、日本を底上げ!

のぶ子は
5月10日(木)と11日(金)の2日間
会派の平塚議員、福田議員と一緒に
東京都市センターホテルの大会議室で開催された
財団法人 日本自治創造学会主催の
第4回日本自治創造学会主催の研究大会に参加してきました。

とても盛りだくさんの内容でしたので
今回は、研究大会のプログラムをご紹介しますね。

5月10日
1.「危機管理と議会」  日本自治創造学会会長・明治大学名誉教授  中邨 章氏
2.「復興に果たす自治体の役割と責務」    共同通信社論説委員  鎌田 司氏
3.「社会保障・税一体改革をにらんだ地方税制」 慶応義塾大学教授  土居 丈朗氏
4.「分権時代の自治体経営と政策の創造」パネルディスカッション 
    東京大学公共政策大学院教授  金井 利之氏
    夕張市長           鈴木 直道氏
    前横浜市長・大阪市特別顧問  中田 宏氏
    中央大学教授         佐々木 信夫氏 (コーディネーター)

5月11日
1.「議会改革と住民」 パネルディスカッション
    明治大学教授         牛山 久仁彦氏(コーディネーター)
    伊賀市議会議員        安本 美栄子氏
    法政大学教授         廣瀬 克哉氏

2.「国政の再編と地方政治の展開」  政策研究大学院大学教授 飯尾 潤氏

3.「自治体の自立・自存と議会の対応」 パネルディスカッション
    前志木市長・地方自立政策研究所理事長    穂坂 邦夫   
    首都大学東京教授              宮台 真司 
    松坂市長                  山中 光茂
    政策シンクタンクPHP総研研究主幹     永久 寿夫

2日間、色々な視点からの発言があったんですが

のぶ子が、感じたことは
足元の自治である地方自治体が
それぞれの課題を克服し発展することこそが
日本の政治の底上げにつながる!ということ。

その自治に参加する
市民を代表する議会、首長、行政が市民との信頼感をベースに
常に「何のため」を忘れない強い心が大切。

5月14日から世田谷区の臨時議会が始まります。
真摯に、誠実に取り組みたいと思います。

足元の自治を考え、日本を底上げ!

足元の自治を考え、日本を底上げ!