チャレンジ日記

環境省へ要望書を提出

今日は、のぶ子が所属している
超党派で構成されている
動物愛護地方議員の会(ANOC)として
本年6月に改正施行を予定している
「動物の愛護及び管理に関する法律」について
さらに地方議会における
様々な課題や実情を踏まえた要望書を
環境省自然環境局へ提出をしてきました。

環境省へ要望書を提出

会のメンバーは全国の地方議員75名で構成されてるんですが
今回は、高橋昭彦代表、佐藤ひろと副代表とのぶ子(世田谷区議会議員)と
増田事務局長、栗林のり子都議会議員、斎藤やすひろ都議会議員6名で
伺いました。

今日、お会いした動物愛護管理室長とは
一昨年熊本市で
開催した全国動物愛護議員連盟の会主催の
熊本市動物愛護センターの「殺処分ゼロ」
を目指した取り組みの勉強会でも
お会いしていましたので、
なごやかな意見交換会となりました。

環境省へ要望書を提出

主な内容は以下の通りです。

1.動物取扱業の適正化
・犬猫幼齢動物の販売日齢(販売日齢制限の具体的数値規制の検討)
※イギリスやアメリカでは8週齢未満の流通や販売が禁止されている。
海外に規制事例のある8週齢を中心に、強制力のある規制を目指すべき
である。
・移動販売(特定の店舗を持たない販売形態規制の検討)
・インターネット販売(対面販売を実施しない販売形態規制の検討)
・繁殖制限措置(繁殖年齢や回数の制限等の具体的数値の検討)
・登録制の検討(登録制から許可制への強化)
・関連法令違反の扱い(動物関連法令に違反した際の登録取消や拒否など罰則
の検討)

2.虐待の防止
・虐待の定義(法44条への具体的齢追記の必要性の検討)
・関係機関との連携(動物愛護部局、警察、動物愛護推進員等の連携強化)

3.自治体等の収容施設
・犬猫の殺処分ゼロに向けた取り組み(譲渡のしくみづくり)
・犬猫の殺処分方法の検討(苦痛のない安楽殺処分等の基準化の検討)
・犬猫の引取りルール(同じ飼養者・事業者等からの引取りの規制の強化)

4.特定動物
・施行令の見直し(学名記載の検討、選定基準・動物種の見直し等の検討)

5.その他
・犬猫の不妊去勢の義務化
・飼い主のいない猫の繁殖制限
・学校飼育動物、公園飼育動物等の適正飼養の規定
・実験動物のルール(実験動物の繁殖・販売業者にも動物取扱業の登録制)

などとなります。

のぶ子は
東京都獣医師会世田谷支部の顧問でも
あるので、これまで動物愛護の観点から
区民のみなさんに一番身近な行政区として
「人と動物との共生社会」の構築への課題解決に向けた
提案を世田谷区議会でも何度か取り上げてきました。

今回は、法改正という国単位のことになりますから
政権与党の民主党や自民党へも働きかけを行い
多くの方々に、人と動物の共生社会について
真剣に考えていただき
人間同様に動物の命の尊厳を守るために
更に取り組みを強めていきたいと考えています。