チャレンジ日記

民主の財源論は破綻

公明党女性委員会(古屋範子委員長=衆院議員)は
東京都新宿区の公明会館で
2012年度予算政府案説明会を開催しました。

これには、全国の女性地方議員の代表164人が参加したんですよ。

のぶ子は
昨日(2月2日)、都庁で開催された
公明党東京本部女性局(松葉多美子女性局長)主催の
2012年度の東京都の予算説明会に引き続き
本日も、政府案の説明会に参加してきました。

民主の財源論は破綻

政府案の説明会では
内閣府と文部科学、環境、厚生労働、
経済産業、農林水産など各省庁の担当者から
主要施策に対して、説明を受けましたが
このブログでは、書ききれませんので
これから始まる世田谷区の
第一回区議会定例会と予算特別委員会等で
しっかり発言していきたいと思います。

この説明会には
公明党からも
山口那津男代表、松あきら副代表、古屋委員長が
出席し、挨拶されましたので簡単にご紹介しますね。

冒頭、あいさつした山口代表は
民主党政権が子ども手当や
農家の個別所得補償の見直しに関する
民主、自民、公明の3党協議を一方的に打ち切り
制度が不十分なまま予算化したことを批判しました。
さらに
基礎年金の国庫負担2分の1のための財源を
交付国債で対応したことを「粉飾的な予算だ」と指摘。
その償還財源が担保されていないことから
年金積立金が目減りすることになるとし
「民主党の財源論は破綻している」と訴えました。

民主の財源論は破綻

古屋委員長は
女性防災会議が全国の女性議員と協力して行った
防災行政総点検の結果に基づく提言が前進していることを紹介。

民主の財源論は破綻

松副代表は
「庶民の生活が良くなるためには、公明党が日本の要(かなめ)にならないといけない」と力説しました。

民主の財源論は破綻

女性国会議員も駆けつけられ
昨年7月から公明党の国会議員だけが
東日本大震災の被災地の県(市)単位に担当を決め
各自が、被災地を1か月に2回~4回訪問し
地元の地方議員と連携を取りながら
地域の要望に対し、迅速対応するよう
政府与党に対し提案し続けていること。

正にネットワーク政党公明党の役割の重要性を
痛感する説明会となりました。

高木美智代(衆議院議員=東京)
民主の財源論は破綻

池坊保子(衆議院議員=大阪)
民主の財源論は破綻

竹谷とし子(参議院議員=東京)
民主の財源論は破綻

・・・・・区民相談カウンター1344件・・・・・