チャレンジ日記

東京都は、避難者受け入れ施設拡充します!

のぶ子は
19日(土)~21(月)の3連休の期間に
区内地域の特に高齢者宅を中心に
震災見舞いに歩き、震災による生活の不安等
話を伺ってきました。

特に、気になったのが
毎日、被災地の報道をテレビで見ているうちに
切実な思いが伝染して
気持ちが落ち込んでしまう高齢者が多く
区内に居ながら、不活発症になってしまうのでは
と心配になる方もいらっしゃいました。

被災地で、小学生や中学生が
避難所で、高齢者を励ますために
肩揉みボランティアを自主的に行っている
様子が、夕方のニュースで流れていましたが
やはり世田谷区内でも、震災による不安を
少しでも払拭するために、地域での
安心の声かけ運動の大切さを実感しました。

また、もう一方で
この3日間、町を歩いていて
目に入ってくるのが
いわきナンバーや福島ナンバーの車
恐らく、
世田谷区内の親戚や知人を頼って
避難されて来られたのだと思います。

被災地ではなくても
日本全体でどう支えあい
被災地の復興を支援できるかが
今、問われていることだと思います。

東京都では、東北地方太平洋沖地震に伴う
福島原子力発電所の事故により避難された方
及び地震で被災された方に対し都立施設を
都内で、約1万人規模まで拡充することに
なったんですよ。

これまでに
東京武道館、味の素スタジアムに約1600人
受入済みですが

今後
東京ビッグサイト (約3000人)3/22(火)18時
東京国際フォーラム(約1000人)準備中
区市町村施設   (約5000人)準備中
と順次開設されていきます。

避難者受入れに関する問い合わせ先
東京都総務局総合防災部 03-5320-4007

一刻も早く
支援の手が被災地の隅々まで
届くよう祈る毎日です。