チャレンジ日記

子宮頸がんワクチン供給不足による接種対応について

「子宮頚がんワクチンの接種緊急促進事業」の実施の内
平成23年3月現在、高校1年生の接種希望者に対する
ワクチン接種が供給不足により実施できない状況になっています。

今後の対応に関して
1.平成23年3月末までに1回目の接種をできなかった高校1年生が
平成23年4月以降に1回目の接種をした場合であっても、当分の間
事業の対象となります。

2.ワクチンの供給状況を踏まえ、当分の間、初回の接種者への
接種を差し控え、既に接種を開始した方への2回目・3回目の接種を
優先することにします。

世田谷区として、今後の対応について
(当分の間がどのくらいの期間なのかを厚生労働省に回当答を依頼中)
厚生労働省からの正式な通知を待ち
3月末頃までに区内の全対象者の方へ通知させて頂きます。