チャレンジ日記

世田谷市場の初せり

今年も、栗林のり子都議会議員と
世田谷市場の初せりの開所式(早朝6:30)に
出席してきました。

昨年は、夏場の高温等による異常気象で
秋に実る予定の野菜が実らず
11月下旬から12月にかけてやっと出荷できたときには
野菜の値段も安定せず、生産者をはじめ、
流通などに携わる中間業者の方々にとって
利益を求めることが困難な厳しい年だったと
市場関係者からありました。

もちろん、これは、食卓で野菜や果物を口に入れる
消費者への影響も大ということになります。

のぶ子は、今まで
四季がある日本は、
本当に恵まれた国土で、
観るもよし、食べるもよし
と、思ってきたんですよね。

ところが、
ここ数年間の異常気象。。。

温暖化や様々な環境の変化を踏まえて、
もっと「自然と対話」をしながら
野菜やお花を生産者から消費者へ
いかに安定して供給ができるかを
真剣に、地方と国が連携をとりながら
その課題解決に向けた適切なサポートを
していかないといけないと実感した
「世田谷市場の初せり」でした。