チャレンジ日記

母校の区立桜丘中学校入学式で感動!

新年度になりました。皆さんお元気ですか。
区立桜丘中学の入学式に区議会議員を代表して出席しました。
実はのぶ子の母校なので通いなれた並木道のはずなのに、桜と新入生がマッチングして新鮮でした。
新しく赴任された校長先生のお話に、「感動教育の推進」をしてきたのぶ子が感動させられてしまったので、紹介しておきますね。
校長先生は、ピンクのネクタイでびっくり。それを逆手にとるように、「今日は、桜の花びらから染料をとることに世界で初めて成功した技術でできたネクタイを桜丘中学校の校名にちなんで、取り寄せて着用してきました。」ってはじめられました。そして、桜の花びらから想像したよりずっと力強いピンク色だったので、桜の木の強さが伝わってきた。皆さんも、力強い桜丘中学校の生徒としてがんばってほしいと続けられました。
この中学校には(内緒だけど)、誕生日から瞬時に曜日を割り出す生徒や英語の教科書の巻末にあるCDを毎日寝る前10分間聞いていただけで、3年間の教科書をまるまる覚えてしまった生徒、たとえば豊臣秀吉が、教科書のどこに登場するかを瞬時にページと行まで言い当てる生徒が居るというのです。でもそれは、特別のことではなく、その能力を引き出す秘密がある。
それは、大好きなことをみつけること、といわれました。
唐突に、「ポケモンを全種類覚えている人は居ますか?」と聞かれたら、1人の生徒が手を上げたんです。
居た居た、200種類だったかな?というと、生徒から、400ですと返事がありました。凄いね大好きだから覚えられたんだよね、会場も納得。
大好きなことを思いつづけると奇跡が起こるんですよという校長先生。
大好きなことを続けると自分の中の才能が開花するんです!みんなにもできます、と激励されました。
静かな語り口の校長先生でしたが、そのほかにも心に響くエピソードを交え、分かりやすくてステキでした。お話の中で上手に、教職員や保護者の方々への協力を自然に呼びかけておられ、共感しました。
奇跡を一杯起こすドラマティックな人生は素敵です!その生き方を子どもたちがつかめるよう、「文教の岡本のぶ子」として、さらに「感動教育の推進」に取り組みます。
また、ちょっといい話を見つけたら、報告します。

   ・・・・・ 区民相談カウンター 904件 ・・・・・